黄幡谷にあったということ(比治山神社)

MENU

「黄幡谷にあったということ(比治山神社)」

2013年05月27日

比治山神社はもともとはこの位置ではなく、黄幡谷にあった、と由緒にありました。黄幡ってなによ? 地名? いや調べてみると広島には「黄幡神社」と呼ばれる神社が多数見かけられます。

で黄幡神社というのは何か??
よく調べないと分かりませんが、牛頭天王の子供です。牛頭天王はもともとはインドの神であり、仏教が伝来指定校にスサノオと同一神となったもので、祇園祭はこの牛頭天王の祭りです。牛頭天王は疫病をもたらすもので、この子供の一人が黄幡神です。

広島はスサノオの出雲系の神が多く、黄幡神もその流れなのでしょうが――詳細はいろいろと調べているうちに。

前後の日記

日付の近い日記