体から穢れをぬぐうための大祓人形:広島護国神社

MENU

「体から穢れをぬぐうための大祓人形:広島護国神社」

2013年06月05日

日本では古来より1年を二期に分けて、6月と12月の晦日に自分が知らずに犯した罪穢をこの人形に託して祓いのけ、厄除開運を願う、大祓式を行っております。

この人形で全身を撫でて息を三回吹きかけてください。車両用にはナンバーと氏名をご記入の上、お志しと共にお納めください。
日本では一年を二回に分けて
確かにそういう話は聞いたことがある。なので、日本の昔の人――古代の人は一年で二つ、年を取っていた。それで古事記や日本書紀の初期の天皇の寿命がやたら長いのではないか?という説。

前後の日記

日付の近い日記