大元神社(安芸の宮島)

MENU

「大元神社(安芸の宮島)」

2014年04月09日

厳島神社から更に奥に大元神社があります。祭神はクニノトコタチオオヤマヅミ・佐伯鞍職(サエキノクラモト=大和時代の豪族)。

2014年の1月20日の百手祭り(モモテマツリ)に行った時の画像です。百手祭りはなかなかの奇祭です。

クニノトコタチ・オオヤマズミは記紀でも有名どころで、祭神としては珍しくないのですが、愛媛県今治市の大山祇神社の「三島宮御鎮座本禄」によるとオオヤマズミがこの土地(=安芸の霧島と書いてあるがこれが厳島と思われる)に祀られたのは仲哀天皇のときと言うのだから、これが本当なら厳島へ信仰は、4世紀前半にはあったということになるような、ならないような。単に祭神に名前が並んでいるのではなく、由来があるってことです。

佐伯鞍職は厳島神社を創建した名士。佐伯の家は一時は藤原氏に神主の座を奪われますが、厳島神社の神主に復帰、現在もそうです。三翁神社(厳島)、金刀比羅神社にも祀られています。

前後の日記

日付の近い日記

2016年07月02日
岡山市北区の神社
2014年04月05日
狛犬のアソコ