アジスキタカヒコネ

MENU
TOP>用語・神名など>アジスキタカヒコネ
スポンサードリンク

アジスキタカヒコネ

漢字・読み阿遅鋤高日子根神
別名味耜高彦根神・阿遅志貴高日子根神・迦毛大神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

オオクニヌシ神と宗像三女神のタギリ神の子。鋤(スキ)という言葉があるように農業の神。土地開発のオオクニヌシの子供らしい属性です。
古事記には「阿遅志貴高日子根神(アジシキタカヒコネ)」と「シキ」とあります。シキは「石木」か「石城」ではないか? もしくは地名を表しているのではないかと思われます。

物語・由来

アメノワカヒコ神とそっくりな美少年キャラ
音楽をたしなむ美少年アメノワカヒコは、高天原からオオクニヌシ神から日本国土を譲り受ける交渉をしにきたのですが、なんとオオクニヌシの娘と結ばれて地上で暮らし始めます。その職務怠慢を使者の雉(キジ)に問われると使者の雉を矢で射殺します。この反逆がばれて、殺されてしまいます。

このアメノワカヒコがアジスキタカヒコネ神と仲が良く、しかもソックリ。
●アジスキタカヒコネはオオクニヌシの子供。
●アジスキタカヒコネの妹のシタテルヒメはアメノワカヒコの妻。ということはこのそっくりな2柱は義理の兄弟ということになります。

アジスキタカヒコネ神がわざわざ、アメノワカヒコの葬式にやってくるとアメノワカヒコの父神のアマツクニタマ(天津国玉神)が「アメノワカヒコが生き返った!」と飛び付きます。するとアジスキタカヒコネ神が「死人と間違えるな!」と切れて父神と喪屋を蹴飛ばして飛び去りました。
スポンサードリンク

性格・能力

アメノワカヒコとアジスキタカヒコネは元々同一神格だったという説も。アメノワカヒコが死にアシスキタカヒコネとして生まれ変わるという過程は穀物の生育と季節を巡るということを表現しているとも。

神社や関連する土地

葛城の賀茂
古事記にはオオクニヌシとタギリヒメの間に生まれ、賀茂の大御神ともいわれる、と記述があります。賀茂は葛城の賀茂社のこと。
Pre<<<  >>>Next 

関連する日記

スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集