市杵嶋姬(イチキシマヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>イチキシマヒメ
スポンサードリンク

イチキシマヒメ

漢字・読み市杵嶋姬
別名市寸嶋比売命・狭依毘売命(サヨリビメノミコト)・瀛津嶋姫命(オキツシマヒメ)・イツキシマヒメカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

市杵嶋姫(イチキシマヒメ)は宗像三女神の一柱。後に弁財天と同一視されています。

宗像の神は九州の海洋神で、船の安全を守る神様です。イチキシマヒメという名前は「厳島神社」の「イツク」と同様に、元々は「神聖な」という意味の「斎く(イツク)」だろう思われます。「イチキシマ」という名前も、万葉集では「イツクシマ」と読んでいるものもあります。イツクシマがなぜイチキシマとなったのか?はもしかすると単なる「誤読」かもしれない。

でも、「市」という字が当てられたのは、理由があるのでしょう。海の交通が発達するなかで島に「市」が立ち、交流が起こり、収益が上がり、発展していく様子が表れたのではないか?と思うのです。神聖で清らかな神が守るからこそ、市が盛り上がり、島が発展する。そういう意味があったのではないか?と。
スポンサードリンク

物語・由来

宗像三女神の誕生
その息吹から生まれた神の名は
多紀理毘売命(タキリヒメミコト)。別名は奥津嶋比売命(オキツシマヒメミコト)です。
次が市寸嶋比売命(イチキシマヒメオミコト)。別名は狭依毘売命(サヨリビメノミコト)。
次が多岐都比売命(タキツヒメノミコト)です。

第六段本文-3 赤心を証明するための誓約
それでアマテラススサノオが持っていた十拳釼(トツカノツルギ)を受け取り、これを三段に折って、天眞名井(アメノマナイ)の井戸水で濯(すす)いで清めて、カリカリと噛んで砕いてフっと噴出しました。すると生まれたのが
田心姫(タコリヒメ)
湍津姫(タギツヒメ
市杵嶋姫(イチキシマヒメ)
の三姉妹です。

第六段一書(三)六柱の男神
日神はまず十拳釼(トツカノツルギ)を食べて生まれた子は瀛津嶋姫命(オキツシマヒメ)、別名を市杵嶋姫命(イチキシマヒメ)といいます。また九拳釼(ココノツカノツルギ)を食べて生まれた子は湍津姫命(タギツヒメ)です。八握劒(ヤツカノツルギ)を食べて生まれた子が田霧姫命(タキリヒメ)です。

第六段一書(二)羽明玉と瑞八坂瓊之曲玉
アマテラスは八坂瓊之曲玉(ヤサカニノマガタマ)を天眞名井(アメノマナイ)に浮かべて洗い、勾玉の端を噛み切って噴き出すと、その中に神が生まれました。
神の名前は市杵嶋姫命(イチシキシマヒメ)です。この神は遠瀛(オキツミヤ=沖つ宮)に居る神です。
次に勾玉の中央を噛み切って噴き出すと、神が生まれました。神の名前は田心姫命(タコリヒメ)です。この神は中瀛(中つ宮)に居る神です。
次に勾玉の尾を噛み切って噴き出すと、神が生まれました。神の名前は湍津姫命(タギツヒメ)です。この神は海濱(ヘツミヤ=辺つ宮)に居る神です。
以上三柱の女神です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集