高倉下(タカクラジ)

MENU
TOP>用語・神名など>高倉下(タカクラジ)

タカクラジ

漢字・読み高倉下命
別名熊野高倉下
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

アマノカグヤマ神と同一とされることも。タカクラジは神武天皇東征の件で登場します。
神武天皇東征にて
紀伊国熊野にやってきた神武天皇一行、その前に現れた熊の毒気にやられて失神してしまいます。それを高天原アマテラスタカミムスビが見て、タケミカヅチ(国譲りでタケミナカタと相撲をした軍神)を派遣しようとしましたが、タケミカヅチが「フツノミタマ剣を神武天皇の元に降ろしましょう」と剣をタカクラジ神の元へ降ろします。
霊剣・フツノミタマが倉の屋根をぶち破る
タカクラジが朝、目を覚ますと倉の屋根をぶち破って剣が突き刺さっています。これを神武天皇に奉じると、熊野で失神していた天皇一行が回復し、霊剣によって大和地方の豪族を従えることが出来ました。
後日は左遷?
タカクラジは神武天皇の東征が終わると、なぜか越後へと移動になります。中央であるヤマトから追い出される形ですから、いわば左遷、出向です。ところが越後の弥彦に移動してからのタカクラジはそれまでの「落ちてきたものを届けただけ」の役割から本来の「倉=穀物の貯蔵所=穀物神」のパワーを発揮し、越後開発(農業・漁業・製塩・酒造)を推し進めます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

熊野の高倉下の横刀
このとき、熊野のタカクラジ(高倉下)が
一本の刀を持ち、
天津神の皇子であるイワレビコが倒れているところにやってくると、
イワレビコはすぐに目を覚まし起き上がり、
「長いこと寝ていたなぁ」と言いました。

高倉下の夢
タカクラジは答えました。
「夢を見たのです。
アマテラスとタカギ神(タカミムスビ)が
タケミカヅチを呼び寄せて
『葦原中国(日本)はとても騒がしく、わたしの子供達が困っています。葦原中国はあなた(タケミカヅチ)は平定した国です。だから、タケミカヅチが降ってください』
と言ったのです。

倉の剣を献上しました
『この刀を降ろす方法は、タカクラジの倉の屋根に穴を開けて、そこから落とすことにする。
だから、お前(タカクラジ)は朝、目を覚ましたら、剣を取り、天津神の皇子に献上するのだ』と言いました。
そして、夢の教えどおりに、翌朝、倉を見ると剣がありました。
この刀を献上したのです」
とタカクラジは言いました。

六月乙未朔丁巳(二)高倉下の夢
その時、神が毒を吐いて、兵士もモノも全部、病んでしまいました。これで、天皇の軍隊は元気がなくなりました。
この土地にある人が居ました。
その人の名前は熊野高倉下(クマノノタカクラジ)といいます。
熊野高倉下(クマノノタカクラジ)は夢を見ました。
夢の中で天照大神(アマテラスオオカミ)が武甕雷神(タケミカヅチ)に言っていました。
スポンサードリンク

神社や関連する土地

弥彦神社
高倉神社
田村神社
真清田神社

個人的コラム

タカクラジは人間ではなくて、「倉」の神格化じゃないかと思っています。古代の人にとって貯蔵は大事な問題でした。特に「穀物」の貯蔵は大事です。稲をどこかに貯蔵していても、それがネズミにでも食べられたり、水に濡れて台無しになったりすれば、単に「損した」だけではすみません。それが種子になるのだから、下手すれば集落が全滅です。

そこで雨風をしのぎ、ネズミに食べられない、そういう「倉」は画期的なものであり、生活をさらに安定させた「技術」だったはずです。アマテラス(太陽)・ニニギ(穀物神)の子孫である神武天皇をタカクラジがサポートするのは、史実というよりは神話に近いのではないかと思います。

もちろん、タカクラジを奉じる氏族が従属したという史実かもしれません。結局はわからないんですよ。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集