イブキヤマの主神の大蛇

MENU
TOP>景行天皇(日本書紀)>景行天皇(三十八)イブキヤマの主神の大蛇

景行天皇(三十八)イブキヤマの主神の大蛇

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

日本武尊(ヤマトタケルミコト)はまた尾張(オワリ)に帰ってきて、すぐに尾張氏(オワリノウジ)の娘の宮簀媛(ミヤスヒメ)を娶って、しばらくの間、留まって何ヶ月か経ちました。近江(オウミ)の五十葺山(イブキヤマ)に荒ぶる神がいると聞いて、剣を抜いて宮簀媛(ミヤスヒメ)の家に置いて、徒手(剣を持たないで)で出かけました。膽吹山(イブキヤマ)に到着すると山の神が大蛇(オロチ)に化けて道を塞ぎました。日本武尊は主神(カムサネ=神の正体)が蛇(オロチ)と化けているのを知らないで
「この大蛇は間違いなく荒ぶる神の使者だ。
主神(カムザネ)を殺せれば、その使者をどうして(殺そうと)求めるに足るだろうか?(殺す必要はない)」
それで蛇を跨いで、なお進みました。
その時、山の神は雲を起こして氷を降らせました。峰には霧がかかり、谷は暗くなり、どこに向かえばいいか道も分からなくなった。彷徨ってあちこち行きましたが、どこを通ったかも分かりません。それでも霧を凌いで、強引に進みました。するとようやっと抜けることが出来ました。ですが、心は惑い、酔っているようでした。そこで山の下の泉のそばで、その水を飲むと(酔いが)覚めました。それでその泉を居醒泉(イサメガル)といいます。
日本武尊はこの辺りから、痛身(ナヤミマスコト)がありました。しかし、ようやく立ち、尾張へ帰りました。しかし、宮簀媛の家には入らず、代わりに伊勢に行って、尾津(オツ=現在の三重県桑名郡多度町戸津?)に到着しました。
古事記の対応箇所
月経の血がスソに
息吹山の神を素手で殺す
玉倉部の清水
尾津前の一松
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

山の神はイノシシか大蛇か
古事記では白くてデカイ猪が伊吹山の主として登場します。猪も山の神としてはベタなんでしょう。しかしそれが大蛇に変わっている。大蛇は「川」のうねりを表し、水神です。つまり農業神です。猪から大蛇に変わったというのは、「狩猟」→「農業」という変遷が影響しているのではないかな、とも。
山の戒め
ヤマトタケルは蛇や猪を見て、「あぁ、これは使者であって神ではない」と考えて、それが元で死んでしまいます。これはおそらくは「山の動物は神の使者」という価値観が元々はあったのですが、何か悪いことがあったときに、「実はあの動物は山の神、そのものだったんじゃないか?」と考えるようになり、「山の動物」=「山の神」そのものになったのでしょう。つまり、このヤマトタケルの伊吹山の神話は「山の動物をなめるなよ(だって神かもしれないから)」という戒めを神話にしたものを取り込んだと思います。これが日本人が肉食をしなくなった根っこだと推測します。
スポンサードリンク

原文

日本武尊、更還於尾張、卽娶尾張氏之女宮簀媛、而淹留踰月。於是、聞近江五十葺山有荒神、卽解劒置於宮簀媛家、而徒行之。至膽吹山、山神、化大蛇當道。爰日本武尊、不知主神化蛇之謂「是大蛇必荒神之使也。既得殺主神、其使者豈足求乎。」因跨蛇猶行。時山神之興雲零氷、峯霧谷曀、無復可行之路、乃捷遑不知其所跋渉。然凌霧强行、方僅得出、猶失意如醉。因居山下之泉側、乃飲其水而醒之、故號其泉、曰居醒泉也。日本武尊於是、始有痛身、然稍起之、還於尾張。爰不入宮簀媛之家、便移伊勢而到尾津。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集