仲哀天皇(一)立太子と出自

MENU
TOP>仲哀天皇(日本書紀)>仲哀天皇(一)立太子と出自

仲哀天皇(一)立太子と出自

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

足仲彦天皇(タラシナカツヒコノスメラミコト)は日本武尊(ヤマトタケルミコト)の第二子です。母の皇后は兩道入姫命(モロヂノイリビメノミコト)といいます。活目入彦五十狹茅天皇(イクメイリビコイサチノスメラミコト)の娘です。天皇は容姿端正(ミカオキラギラシ)です。身長(ミタケ)は10尺(ヒトツエ)。稚足彦天皇(ワカタラシスメラミコト=成務天皇)の即位48年に立太子しました。このとき31歳でした。稚足彦天皇(ワカタラシスメラミコト=成務天皇)は男(ヒコミコ)は居ませんでした。それで後継者としました。

(成務天皇の)即位60年に成務天皇が崩御しました。翌年の秋9月6日に倭国(ヤマトノクニ)の狹城盾列陵(サキノタタナミノミサザキ)に葬りました。
盾列は多々那美(タタナミ)と読みます。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

甥っ子を後継者に
成務天皇には「男」の子供がおらず、ヤマトタケルの子供の足仲彦天皇(タラシナカツヒコノスメラミコト=仲哀天皇)が次の天皇になります。

そう考えると伊吹山で不慮の死というか山の神に呪い殺された父と、同じような経緯で仲哀天皇は死んでしまうわけで、ここいら辺は何かカラクリがあるんじゃないかと。
スポンサードリンク

原文

足仲彦天皇、日本武尊第二子也。母皇后曰兩道入姫命、活目入彦五十狹茅天皇之女也。天皇容姿端正、身長十尺。稚足彦天皇卌八年、立爲太子。時年卅一。稚足彦天皇無男、故立爲嗣。六十年、天皇崩、明年秋九月壬辰朔丁酉、葬于倭国狹城盾列陵。盾列、此云多々那美。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集