親交を結ぶ百済国は天から授かった土地

MENU
TOP>神功皇后(日本書紀)>神功皇后(三十六)親交を結ぶ百済国は天から授かった土地

神功皇后(三十六)親交を結ぶ百済国は天から授かった土地

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

即位51年春3月。百済王がまた久氐(クテイ)を派遣して朝貢しました。皇太后は、太子(=のちの応神天皇)、武内宿禰(タケノウチノスクネ)に語りました。
「わたしが親交を結ぶ百済国は天から授かった土地です。人によるものではない。玩好(モテアソビモノ)、珍しいもの、以前は無かった土地です。歳をおかずに常に日本に来て朝貢する。わたしはこのことを見ると、いつも嬉しい。わたしが存命のときのように、(百済を)厚く礼を持って迎えなさい」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

「百済は天から与えられたもの」というのは、神のお告げのままに朝鮮半島へと進出した経緯のことを指していると思われます。

このページの内容は前のページ(神功皇后(三十五)天朝の鴻澤は遠い邑にも)と主旨が似ています。
スポンサードリンク

原文

五十一年春三月、百濟王亦遣久氐朝貢。於是、皇太后語太子及武內宿禰曰「朕所交親百濟国者、是天所致、非由人故。玩好珍物、先所未有。不闕歲時、常來貢獻、朕省此款、毎用喜焉。如朕存時、敦加恩惠。」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集