倭漢直の祖先が帰って来た

MENU
TOP>応神天皇(日本書紀)>応神天皇(十四)倭漢直の祖先が帰って来た
スポンサードリンク

応神天皇(十四)倭漢直の祖先が帰って来た

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

廿年秋九月、倭漢直祖阿知使主・其子都加使主、並率己之黨類十七縣而來歸焉

現代語訳

20年秋9月。倭漢直(ヤマトノアヤノアタイ)の祖先の阿知使主(アチノオミ)・その子供の都加使主(ツカノオミ)が彼らの党類(トモガラ)17県を率いて、帰化しました。

解説

帰って来た
倭漢直(ヤマトノアヤノアタイ)の祖先の阿知使主(アチノオミ)・その子供の都加使主(ツカノオミ)は「帰化人」ということで元々は「外国人」というニュアンスとなります。まぁ、中国人ということです。大体、阿知使主(アチノオミ)・都加使主(ツカノオミ)の名前はどー考えても中国名ではありません。

天日槍は定説では「新羅由来の神、もしくは人物」なのですが、三国史記新羅本記には四代目王の昔脱解とその部下の瓢公は「倭人」とあるように、新羅の中枢には倭人が食い込んでいて、それが日本に「帰って来て」天日槍となったのかもしれないと思っています。天日槍は朝鮮人ではなく血統で言えば「倭人」だったのではないか? と。

そう考えると「帰って来る」という言い方も納得できます。しかし「帰る」というのが「帰化しに来る」という意味という可能性もあります。おもしろそうなので、この辺りは一旦、表にしてまとめてみたいです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集