年長者と年少者ではどちらがより愛おしいか?

MENU
TOP>応神天皇(日本書紀)>応神天皇(二十三)年長者と年少者ではどちらがより愛おしいか?

応神天皇(二十三)年長者と年少者ではどちらがより愛おしいか?

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

即位40年春1月8日。天皇は大山守命(オオヤマモリノミコト)・大鷦鷯尊(オオサザキノミコト=仁徳天皇)を呼び寄せて問いました。
「お前たち、子どもは愛おしいか?」
答えました。
「甚だ、愛おしいです」
また問いました。
「長(ヒトトナレル=年長)と少(ワカキ=年少)ではどちらがより愛おしいか?」
大山守命(オオヤマモリノミコト)は答えました。
「長子(ヒトトナレル)です」
天皇はあまり喜んでない顔をしました。
それで大鷦鷯尊(オオサザキノミコト)はあらかじめ天皇の顔色を観察していて、答えました。
「長(ヒトトナレル)は多く寒暑(トシ)を経ていて既に成人(ヒト)となっています。だから心配ありません。ただ、少な子者(ワカキ)は未だ成不(ヒトトナリヒトトナラヌ=成人してない)です。それで少子(ワカキ)は甚だ心配で愛おしいものです」
天皇はとても喜びました。
「お前が言ったこと、まことに私の心と合っている」
古事記の対応箇所
兄の子と弟の子といずれか愛しき
弟の子は未だ人と成らねば、これぞ愛しき
吾君の言ぞ我が思ふが如くなる
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

なんか感じが悪い仁徳天皇
大山守命の失敗を見て、うまく臨機応変に対応した大鷦鷯尊(オオサザキノミコト=仁徳天皇)。応神天皇の面接にうまく対応して、結局次の天皇となります。

しかし、大鷦鷯尊(オオサザキノミコト)が天皇になるにはもう一人のライバルがいます。それが同じく応神天皇の子の菟道稚郎子(ウジノワキイラツコ)です。菟道稚郎子は百済から来た家庭教師である阿直伎と王仁から「文を読む」ことを教えられているインテリです。
スポンサードリンク

原文

卌年春正月辛丑朔戊申、天皇召大山守命・大鷦鷯尊、問之曰「汝等者、愛子耶。」對言「甚愛也。」亦問之「長與少、孰尤焉。」大山守命對言「不逮于長子。」於是天皇、有不悅之色、時大鷦鷯尊、預察天皇之色、以對言「長者、多經寒暑、既爲成人、更無悒矣。唯少子者、未知其成不。是以、少子甚憐之。」天皇大悅曰「汝言寔合朕之心。」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集