枯野の 塩に焼き 其が余り 琴に作り

MENU
TOP>仁徳天皇(古事記)>枯野の 塩に焼き 其が余り 琴に作り
スポンサードリンク

枯野の 塩に焼き 其が余り 琴に作り

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

読み下し文

此の御世に菟寸河の西に一つの高き樹有り。 其の樹の影、旦日(アサヒ)に當れば淡道の嶋に逮り、夕日に當れば高安山を越えき。 故、是の樹を切りて、以ちて作れる船は、甚捷く行く船なり。 時に其の船を號けて枯野と謂う。 故、是の船を以ちて旦夕に淡道の嶋の寒泉を酌みて、大御水を獻りき。 茲の船、破れ壞れ、以ちて鹽を燒き、其の燒け遺れる木を取りて琴を作るに、其の音、七里に響きき。 爾くして歌いて曰く、
加良怒袁 志本爾夜岐 斯賀阿麻理 許登爾都久理 賀岐比久夜 由良能斗能 斗那賀能伊久理爾 布禮多都 那豆能紀能 佐夜佐夜
此は志都歌の返歌なり。

此の天皇の御年は捌拾參歳【丁卯の年の八月の十五日に崩りき】。 御陵は毛受の耳原に在り。
スポンサードリンク

現代語訳

仁徳天皇の時代に菟寸河(トノキガワ=河内国菟寸河=現在の大阪府高石市富木)の西に一本の高い木がありました。その木の影は朝日に当たると淡路島に至り、夕日が当たると高安山タカヤスヤマ=大阪府八尾市の東の生駒山地の高安山)に影が超えます。この木を切って、作った船はとても速い船になります。その船を名付けて「枯野(カラノ)」といいます。この船を旦夕(アシタユウベ=朝夕)に淡路島の寒泉(シミズ)を汲んで大御水(オオミモイ=飲料水)を献上しました。この船が破れ壊れたので、これを燃やして塩を焼きました。その焼け残った木を取って琴を作りました。その音は七つ先の村里まで響きました。それで歌いました。
枯野の 塩に焼き 其が余り 琴に作り 掻き弾くや 由良の門の 門中の海石に ふれ(振れ、触れ)立つ 撫づの木の さやさや
歌の訳枯野(カレノ)を燃やして塩を焼いて余ったもので琴を作り、琴を掻き弾くと、由良の門(ユラノト=淡路島の洲本市由良町と和歌山県友ヶ島の間の紀淡海峡のこと)の水門の中の海の石に揺られ立っているナヅノキ(海藻のことだが種類は未詳)のようにサヤサヤと鳴るなぁ

これは志都歌(シヅウタ=宮廷で歌われた歌)の返し歌です。

この仁徳天皇の亡くなられた年は83歳…丁卯年の8月15日でした……御陵は毛受耳原(モズノミミハラ)です。
スポンサードリンク

解説

木の陰について
菟寸河の西の一本の木が高くって、それが淡路島まで達したり、高安山を超えたりと、相当にでかい。似たような表現が「景行天皇(二十)御木国の地名説話」にあります。
一人の老夫(オキナ)がいて言いました。
「この木はクヌギです。
昔まだ、倒れていないときに、朝日の光が当たって、杵嶋山(キシマノヤマ=現在の佐賀県杵島郡・武雄市の標高342mの山)を隠しました。夕日の光に当たって、阿蘇山(アソノヤマ=熊本県の山・標高1592m)を隠しました」

当然、地名は違いますが言いたいことは一緒です。「高い木は凄い」。樹霊信仰です。その凄い高い木、つまり霊力の強い木で作った船は速い。

多分、菟寸河の西の地域は「良木」を産出していて、こういう神話が生まれたんじゃないかと。この「菟寸」は現在では「富木」と書いているし。

その後の「枯野」のお話は日本書紀では応神天皇の「応神天皇(十九)枯野船から500籠の塩を作り」「応神天皇(二十)猪名部の始祖と琴のナヅノキのような音」にほぼ同じ話があります。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集