目弱王は天皇の首を打ち切り、都夫良意富美の家に逃げ込みました

MENU
TOP>安康天皇(古事記)>目弱王は天皇の首を打ち切り、都夫良意富美の家に逃げ込みました
スポンサードリンク

目弱王は天皇の首を打ち切り、都夫良意富美の家に逃げ込みました

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

読み下し文

此より以後、天皇、神牀に坐しまして晝寢しき。爾くして其の后に語りて曰く、「汝は思う所有りや」。答えて曰く、「天皇の敦き澤を被れば、何か思う所有らん」。ここに其の大后の先の子、目弱の王、是年七歳。是の王、其の時に當りて其の殿の下に遊べり。爾くして、天皇、其の少き王の殿の下に遊べるを知らずして、詔以ちて大后に言いしく、「吾は恆に思う所有り。何となれば、汝の子、目弱の王、人と成りたらん時に、吾が其の父の王を殺ししを知らば、還りて邪しき心有らんと爲すか」。ここに其の殿の下に遊べる目弱の王、此の言を聞き取りて、便ち竊に天皇の御寢せるを伺い、其の傍の大刀を取りて、乃ち其の天皇の頚を打ち斬りて、都夫良意富美の家に逃げ入りき。
天皇の御年は伍拾陸歳。御陵は菅原の伏見の岡に在り。
スポンサードリンク

現代語訳

この後、天皇は神床(カムドコ=神託を受ける寝床)に居て昼寝をしていました。それでその皇后(=長田大郎女)に語って言いました。
「お前には何か(心配に)思うところがあるか?」
答えて言いました。
「天皇の厚い澤(メグミ=愛情)を受けているのですから、何も思うことはありません」
その大后の前の夫との子である目弱王(マヨワノキミ)はこの年で7歳でした。この王はその時、その宮殿の下で遊んでいました。天皇はその幼い王が宮殿の下で遊んでいるのを知らないで、大后に詔して言いました。
「わたしは常に(不安に)思うところがある。何かというと、お前の子の目弱王(マヨワノキミ)が成人したときに、わたしが父を殺したことを知ったならば、(心が)変わって邪(ア)しき心(=反逆する心)になるのではないか?」
それで宮殿の下で遊んでいた目弱王はこの言葉を聞いて、すぐに密かに天皇が寝ているのを伺って、その傍らにあった大刀(タチ)を取って、その天皇の首を打ち切り、都夫良意富美(ツブラオオミ)の家に逃げ込みました。
天皇の年は56歳。御陵(=墓)は菅原伏見の岡(=奈良県奈良市宝来町古城)にあります。
スポンサードリンク

解説

安康天皇と長田大郎女は同腹の姉弟
允恭天皇の皇后・妃と子息子女」を見ると、長田大郎女と穴穂命は、同じ母の「姉と弟」です。同じ兄弟に木梨之軽王と軽大郎女という近親相姦を理由に指示を失って凋落、自殺していった二人がいるのです。

穴穂命と長田大郎女というのが本当に同腹の姉弟ならば、安康天皇の暗殺は「近親相姦への神罰」という見方も出来ます。また、神床での昼寝も、やはり神への不敬を意味している可能性があります。そういう二つのタブーを持って安康天皇の暗殺の伏線としているのかもしれません。
都夫良意富美(ツブラオオミ)
都夫良意富美(ツブラオオミ)は武内宿禰のひ孫にあたる人物で「葛城」の人物です。これは暗に安康天皇は葛城氏によって殺された、という示唆とも取れます。

仁徳天皇以降続いた葛城氏系列の天皇から変革があった、だから安康天皇は殺された。だからこそ雄略天皇は兄安康天皇の殺害で葛城氏を疑ったのでしょう。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集