コンピラ

MENU
TOP>用語・神名など>コンピラ
スポンサードリンク

コンピラ

漢字・読み金毘羅神
別名金刀比羅神・琴平神・コトヒラノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

オオクニヌシの和魂―オオモノヌシと同一とされます。名前の元々はインドの神様であるクンピーラ。漢訳で宮毘羅大将(グビラタイショウ)または金比羅童子と呼ばれます。このクンピラはガンジスのワニ(鰐)を神格したもので釈迦を助けた十二神将。
でも、金比羅の成立はちょっと関係なさそうです。

金比羅様は四国の香川県の象頭山という山にあります。創建についてはオオモノヌシを祀った琴平宮が神仏習合で金比羅となったという説と、象頭山にあった真言宗の松尾寺が金比羅さまを祀っていたとも言われていますが、どちらにしても神仏習合の寺社です。
それに、そもそも象頭山が特別な山だったと思われます。
日本には海の交通安全の為に天候を計る「日和山」「日和浜」があります。天候予測が間違うと航海は非常に危険になります。優秀な天候予測が出来る「観測地」は徐々にそのものが信仰の対象となっていきました。その中で一つ頭抜けた信仰を得たのが象頭山でした。金比羅信仰はここから始まっているよう。

性格・能力

海難の守護神で、水神。その性格から雨乞いの神様として五穀豊穣を祈る神でもあります。金刀比羅宮のある香川や瀬戸内海の土地は他の地域よりも雨が少なく、日本でも「溜め池」の多い地域です。
スポンサードリンク

神社や関連する土地

金刀比羅宮
琴平神社
金比羅神社
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集