允恭天皇(一)雄朝津間稚子宿禰皇子は天皇位を拒否する

MENU
TOP>允恭天皇(日本書紀)>允恭天皇(一)雄朝津間稚子宿禰皇子は天皇位を拒否する

允恭天皇(一)雄朝津間稚子宿禰皇子は天皇位を拒否する

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

雄朝津間稚子宿禰天皇(オアサヅマワクゴノスクネノスメラミコト=允恭天皇)は瑞歯別天皇(ミズハワケノスメラミコト=反正天皇)の同母弟(イロド)です。天皇は岐㠜(カブロ=しっかりしている)で、総角(アゲマキ=17歳前後の男の髪型)になるまで、仁恵(ウツクシビメグミ=仁愛)に溢れていて、礼がありました。壮(オトコザカリ)になると重い病気をして容姿も動作にも障害がありました。反正天皇が即位して5年の春1月に瑞歯別天皇(=反正天皇)が崩御しました。

群卿(マヘツノキミタチ=臣下たち)は話し合いって言いました。
「今、大鷦鷯天皇(オオサザキノスメラミコト=仁徳天皇)の子は雄朝津間稚子宿禰皇子(オアサヅマワクゴノスクネノミコト)と大草香皇子(オオクサカノミコ)の二人です。雄朝津間稚子宿禰皇子(オアサヅマワクゴノスクネノミコト)は年長者で、仁孝(ヒトヲメグミオヤニシタガウミチ)があります」
それで吉日(ヨキヒ)を選んで、臣下たちは跪(ヒザマヅ)いて、天皇の璽(ミシルシ)を皇子に献上しようとしました。雄朝津間稚子宿禰皇子は断り、謝り、言いました。
「わたしは不天(サイワイナキコト=不幸)にして長く重い病にかかり、歩くこともできない。またわたしは病気を治そうとして、一人、誰にも言わずに、密かに身を破って(?)病気を治そうとしたのだが、治ることはなかった。それで先の天皇(=仁徳天皇)はそれを責めて言った。
『お前は、病気をといっても縦(ホシキママ)に身を破った。不孝(オヤニシタガワヌコト)であること甚だしい。それでお前が長く生きても、繼業(アマツヒツギ=天皇の仕事=天皇の位を継ぐこと)は得られない』
またわたしの兄の二人の天皇(履中天皇・反正天皇)はわたしを愚かと軽んじていました。それは群卿(マヘツノキミタチ=臣下たち)も知っていること。天下とは大きな器。帝位(ミカドノクライ)は大きな仕事です。民の父母(カゾイロハ)を養うのは、すなわち賢聖の職(ツカサ)です。どうして下愚(オロカヒト=愚人)に任じられるだろうか。もっと賢い王を選んで立てるべきでしょう。わたしめには当たりません」

群臣は拝んで言いました。
「帝位は長く、空いているべきではありません。天命(アマツヨサシ=天の命令)は譲ったり拒否するものではありません。大王(キミ)がこのまま時を無為に過ごし、周囲の人々に逆らって、号位(ナクライ=天皇位のこと)を正しく受けないのであれば……わたしめらが恐れているのは百姓の希望が耐えてしまうことです。お願いですから、大王、労苦となるといえども、天皇の位を継いでください」
雄朝津間稚子宿禰皇子(オアサヅマワクゴノスクネノミコ)は言いました。
「宗廟社稷(クニイエ=国家)を受けて、統治するというのは重大なことだ。わたしでは重い病気で、とてもではないが天皇を名乗るには足りないだろう」
それでも辞して聞き入れませんでした。群臣は皆、意思固く更に願い入れました。
「わたしめは伏してお願いします。大王が皇祖(オヤ=先祖)の宗廟(クニイエ=国家)を受け継ぐのが最も理にかなっているのです。天下の万民もだれもが皆、ヨシと思っています。お願いですから、大王、聞き入れてください」
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

身を破る
身を破る、というのはどういう意味か? わたしは「手術」だったのではないか?と思っています。

天皇は「清らか」であることが絶対条件です。穢れてはいけません。穢れで最も忌避するべきが「死」の穢れであり、「血」です。身を破り、血を流した允恭天皇を仁徳天皇は嫌ったのではないかと思います。
スポンサードリンク

原文

雄朝津間稚子宿禰天皇、瑞齒別天皇同母弟也。天皇、自岐㠜至於總角、仁惠儉下、及壯篤病、容止不便。五年春正月、瑞齒別天皇崩。

爰群卿議之曰「方今、大鷦鷯天皇之子、雄朝津間稚子宿禰皇子與大草香皇子、然雄朝津間稚子宿禰皇子、長之仁孝。」卽選吉曰、跪上天皇之璽。雄朝津間稚子宿禰皇子、謝曰「我之不天、久離篤疾、不能步行。且我既欲除病、獨非奏言而密破身治病、猶勿差。由是、先皇責之曰『汝、雖患病縱破身、不孝孰甚於茲矣。其長生之、遂不得繼業。』亦、我兄二天皇、愚我而輕之、群卿共所知。夫天下者大器也、帝位者鴻業也、且民之父母斯則聖賢之職、豈下愚之任乎。更選賢王宜立矣、寡人弗敢當。」

群臣再拜言「夫帝位不可以久曠、天命不可以謙距。今大王留時逆衆不正號位、臣等恐百姓望絶也。願大王雖勞猶卽天皇位。」雄朝津間稚子宿禰皇子曰「奉宗廟社稷重事也。寡人篤疾、不足以稱。」猶辭而不聽。於是、群臣皆固請曰「臣伏計之、大王奉皇祖宗廟最宜稱。雖天下萬民、皆以爲宜。願大王聽之。」
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集