呉国出身の貴信の子孫が琴彈壃手屋形麻呂

MENU
TOP>雄略天皇(日本書紀)>雄略天皇(四十)呉国出身の貴信の子孫が琴彈壃手屋形麻呂
スポンサードリンク

雄略天皇(四十)呉国出身の貴信の子孫が琴彈壃手屋形麻呂

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

秋七月、有從百濟国逃化來者、自稱名曰貴信、又稱貴信吳国人也。磐余吳琴彈壃手屋形麻呂等、是其後也。

現代語訳

(即位11年)秋7月。百済国から逃げて帰化した者がいました。自ら名乗って貴信(くゐしん)といいます。また、本人が言うには貴信(くゐしん)は呉国の人だといいます。磐余(イワレ)の呉の琴彈壃手屋形麻呂(コトヒキサカテノヤカタマロ)たちは、この子孫です。

解説


百済から逃げてきた「琴を弾く人」が磐余の「坂手(サカテ)」という土地に住んで、そこから子孫が後々までいるよね。というお話。

それで百済から来た、この貴信さんは自称「呉国」から来た人ということになっています。日本書紀に「自称」と書いてあるってことは、昔から「本当に呉国から来たのかな?自分ではそう言ってるけど信用できないなぁ」と思っていたのでしょう。

ところで貴信という名前は、まーどー考えても「朝鮮っぽい名前」じゃないんですよ。だから百済人じゃないってのは本当っぽい。ただ、本当に呉国(中国南部)から来たかどうかは怪しい。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集