影媛「苦しいことです。愛する夫を失った」

MENU
TOP>武烈天皇(日本書紀)>影媛「苦しいことです。愛する夫を失った」

武烈天皇(七)影媛「苦しいことです。愛する夫を失った」

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

それで影媛が遺体を収め、埋め終わって、家に帰ろうとすると、咽び泣いて言いました。
「苦しいことです。今日、わたしの愛する夫を失ったことは!」
それで涙を流し、悲しみに打ちひしがれ、その悲しみを心にまとって歌を歌いました。
青丹(アオ)によし 乃楽(ナラ)のはさまに 鹿(シシ)じもの 水(ミ)漬(ヅ)く辺(ヘ)隠(ゴモ)り 水(ミナ)灌(ソソ)く 鮪(シビ)の若子(ワクゴ)を 漁(アサ)り出(ヅ)な猪(イ)の子
歌の訳(あおによし、は奈良の枕詞)奈良の谷間で死んだ鹿のように水に浸かって、片隅に隠されて、水に打たれている鮪の坊やを漁って出さないでくださいない。猪の子よ
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

なんの歌なんでしょうか
わたしには、そういう「魚料理」の調理方法に聞こえるんですよね。魚を土に埋めて発酵させる料理じゃないかなぁと。そんな料理は当時の日本にあったかどうかは怪しいですが、発酵食品は当然あったハズですからねぇ。うーん、なんとも。
スポンサードリンク

原文

於是、影媛、收埋既畢、臨欲還家、悲鯁而言「苦哉。今日、失我愛夫。」卽便灑涕愴矣、、心歌曰、
婀嗚儞與志 乃樂能婆娑摩儞 斯々貳暮能 瀰逗矩陛御暮梨 瀰儺曾々矩 思寐能和倶吾嗚 阿娑理逗那偉能古
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集