春日皇女の返歌

MENU
TOP>継体天皇(日本書紀)>継体天皇(十七)春日皇女の返歌

継体天皇(十七)春日皇女の返歌

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

妃(=春日皇女)が答えて歌って言いました。
隠国(コモリク)の 泊瀬(ハツセ)の川(カワ)ゆ 流れ来る 竹の い組竹(クミダケ)節竹(ヨダケ) 本辺(モトヘ)をば 琴に作り 末辺(スエヘ)をば 笛に作り 吹き鳴なす 御諸(ミモロ)が上に 登り立ち 我(ワ)が見せば  つのさはふ 磐余池(イワレノイケ)の 水下(ミナシ)ふ 魚(ウオ)も 上に出て嘆く やすみしし 我が大君の 帯(オ)ばせる 細紋(ササラ)の御帯(ミオビ)の 結び垂れ 誰やし人も 上に出て嘆く
歌の訳(「コモリク」は泊瀬の枕詞)泊瀬の川に流れてくる竹の、絡み合い組み合って茂った竹や、節の立派な竹。その太い根元の竹を琴に作り、枝の竹を笛に作って、吹いて鳴らして、御諸山(ミモロヤマ)の登って立ち、わたしが見てみると、(「つのさわふ」は磐余の枕詞)磐余の池の水の下にいる魚も水面の上に顔を出してあなたとの別れを嘆いています。(「やすみしし」は大王の枕詞)わたしの大王が帯びている細かい模様の帯が結んで垂れています。誰もが、顔に出して嘆いています。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

この歌の意味
前のページの歌に対する返歌として描かれているので、流れで読むと、「一晩を共にした勾大兄皇子との別れを惜しんだ歌」ということになるのですが、この歌は「大王の葬送の歌」ではないかとも言われています。
スポンサードリンク

原文

妃和唱曰、
莒母唎矩能 簸覩細能哿波庾 那峨例倶屢 駄開能 以矩美娜開余嚢開 謨等陛嗚麼 莒等儞都倶唎 須衞陛嗚麼 府曳儞都倶唎 府企儺須 美母慮我紆陪儞 能朋梨陀致 倭我彌細麼 都奴娑播符 以簸例能伊聞能 美那矢駄府 紆嗚謨 紆陪儞堤々那皚矩 野須美矢々 倭我於朋枳美能 於魔細屢 娑佐羅能美於寐能 武須彌陀例 駄例夜矢比等母 紆陪儞泥堤那皚矩
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集