磐と狹手彥の任那防衛

MENU
TOP>安閑天皇・宣化天皇(日本書紀)>磐と狹手彥の任那防衛

宣化天皇(五)磐と狹手彥の任那防衛

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

即位2年冬10月1日。天皇新羅が任那に寇(アタナウ=侵略)したので、大伴金村大連に詔(ミコトノリ)して、その子の磐(イワ)と狹手彥(サデヒコ)を派遣して、任那を助けさせました。このとき、磐は筑紫にとどまり、その国で政治を執り、三韓に備えました。狹手彥は行って任那を沈静化し、加えて百済を救いました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

磐と狹手彥
磐はココ以外では出てきませんが、狹手彥は今後も登場します。

前のページで物部麁鹿火が死んでしまいましたので、有力者は大伴金村のみ。蘇我稲目も台頭してきていますが、まだまだ金村は強い。
スポンサードリンク

原文

二年冬十月壬辰朔、天皇、以新羅冦於任那、詔大伴金村大連、遣其子磐與狹手彥、以助任那。是時、磐、留筑紫執其國政、以備三韓。狹手彥、往鎭任那、加救百濟。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集