膳臣傾子は越へ・天皇と偽る道君

MENU
TOP>欽明天皇(日本書紀)>欽明天皇(九十)膳臣傾子は越へ・天皇と偽る道君

欽明天皇(九十)膳臣傾子は越へ・天皇と偽る道君

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

(即位31年)5月。膳臣傾子(カシワデノオミカタブコ)を越(コシ=現在の北陸地方)に派遣して、高麗の使者と宴会をしました。
傾子は舸陀部古(カタブコ)と読みます。

大使はよくよく調べて、膳臣が皇華(ミヤコ)の使者ということがわかりました。それで道君(ミチノキミ=越の地方氏族?)に語って言いました。
「お前、天皇ではないと、わたしが疑っていた通りではないか! お前は伏して膳臣を拝み崇めた。ますます、百姓であると分かった。そうなるとこれまで、わたしを騙し偽って、調(ミツキ=献上品・税)を取って、自分のものにした。速やかに返還するべきだ。余計な飾った言葉を言うな」
膳臣はそれを聞いて、人を使って、その調(ミツキ)を探し求めて、すべて高麗の使者に返し与えました。高麗の使者は近江に至りました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

高麗の使者は越国の道君という地方氏族に「俺は天皇なんだぜ」と騙されていたことが判明。まぁ、史実かどうかはなんですけど、衝撃の結末です。
スポンサードリンク

原文

五月、遣膳臣傾子於越、饗高麗使。(傾子、此云舸陀部古)。大使審知膳臣是皇華使、乃謂道君曰「汝非天皇、果如我疑。汝既伏拜膳臣、倍復足知百姓、而前詐余、取調入己。宜速還之、莫煩飾語。」膳臣聞之、使人探索其調、具爲與之、還京復命。秋七月壬子朔、高麗使到于近江。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集