用明天皇(一)出自

MENU
TOP>用明天皇(日本書紀)>用明天皇(一)出自

用明天皇(一)出自

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

橘豊日天皇(タチバナトヨヒノスメラミコト=用明天皇)は天国排開広庭天皇(アメクニオシハラキヒロニワノスメラミコト=欽明天皇)の第四子です。母は堅塩姫(キタシヒメ=蘇我稲目の娘)といいます。天皇は仏法を信じ、神道を尊びました。敏達天皇即位14年の秋8月に渟中倉太珠敷天皇(ヌナクラノフトタマシキノスメラミコト)は崩御しました。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

敏達天皇との比較
欽明天皇・敏達天皇の時代までは仏教は入って来てはいたものの、まだまだ抵抗が強く、布教とまではいきませんでした。蘇我氏だけの話でした。それが用明天皇の時代になると、状況が変わります。

まぁ、用明天皇の母親が蘇我稲目の娘ということは、蘇我馬子から見れば、用明天皇は甥っ子です。用明天皇を蘇我氏がある程度説得というか、コントロールするのは当然でしょう。
スポンサードリンク

原文

橘豊日天皇、天国排開廣庭天皇第四子也、母曰堅鹽媛。天皇信佛法尊神道。十四年秋八月、渟中倉太珠敷天皇崩。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集