三輪君逆の逃避行

MENU
TOP>用明天皇(日本書紀)>用明天皇(五)三輪君逆の逃避行

用明天皇(五)三輪君逆の逃避行

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

穴穂部皇子は密かに天下の王になろうと策謀して、嘘をついて逆君(サカフノキミ)を殺そうとしていました。物部守屋大連(モノノベモリヤオオムラジ)と兵を率いて、磐余(イワレ)の池辺(イケノヘ=用明天皇の宮がある土地)を囲みました。逆君はそれを知って、三諸丘(ミモロノオカ=三輪山=三輪君の本拠地)に隠れました。この日の夜中に、ひそかに山から出て、後宮(キサキノミヤ)に隠れました。
炊屋姫皇后(カシキヤヒメノキサキ=推古天皇)の別荘です。これを海石榴市宮(ツバキイチノミヤ)と名付いています。

逆(サカフ)の同姓(ウガラ)の白堤(シロツツミ=人名)と横山(ヨコヤマ)とが逆君がいる所を言いました。穴穂部皇子はすぐに守屋大連を派遣して…
ある本によると、穴穂部皇子と泊瀬部皇子(ハツセベノミコ=崇峻天皇)が計画して守屋大連を派遣したといいます。

言いました。
「お前、逆君と、その二人の子を殺せ」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

穴穂部皇子はもしや?
穴穂部皇子は敏達天皇が亡くなったときも「死んだ王を敬って、生きている王である自分を敬わないのはおかしい!」と言っています。まぁ、後世の演出もありましょうがね。

敏達天皇の皇后にである後の推古天皇を襲ったのは、天皇位につくためには皇女を皇后にしないといけなかったからでしょう。今はそれに失敗した。今度はどうするか。

もしかして次は用明天皇の皇后である穴穂部間人皇女を狙ったんじゃないでしょうか。穴穂部皇子から見ると「同母姉」ですけどね。
スポンサードリンク

原文

於是、穴穗部皇子陰謀王天下之事而口詐在於殺逆君、遂與物部守屋大連率兵、圍繞磐余池邊。逆君、知之、隱於三諸之岳。是日夜半、潛自山出隱於後宮。(謂炊屋姫皇后之別業。是名海石榴市宮也)。逆之同姓、白堤與横山、言逆君在處。穴穗部皇子卽遣守屋大連(或本云、穴穗部皇子與泊瀬部皇子、相計而遣守屋大連)曰「汝、應往討逆君幷其二子。」大連遂率兵去。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集