愛比売

MENU
TOP>用語・神名など>愛比売
スポンサードリンク

愛比売

漢字・読みエヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にのみ登場。
伊予之二名島には顔は4つあり、そのうちの一つが愛比売(エヒメ)。
●比売とあるので女性。
●愛媛県の由来。

物語・由来

イザナギイザナミが交わって、正式な手順を踏んで生まれた最初の島が淡道之穂之狭別島。次に生まれたのが伊予之二名島です。その伊予之二名島には顔が四つあり、その一つが「愛比売(エヒメ)」です。当然ながら現在の愛媛県の由来です。
女性の名前
愛比売は女性名。他の四国の名前を見ると、愛比売という名前も、おそらく「穀物」「農業」関係の名前でしょう。だからエヒメの「エ」も、何かしらの農業用語が語源だと思われます。
スポンサードリンク

引用

国産み
伊予之二名島(イヨノフタナシマ=四国)は体一つに顔が四つあります。
顔にはそれぞれに名前があります。
伊予の国は愛比売(エヒメ)といいます。
讃岐の国は飯依比古(イヒヨリヒコ)といいます。
阿波の国は大宜都比売オオゲツヒメ)といいます。
土佐の国は建依別(タケヨリワケ)といいます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集