いつか、この猪の頸を斬るように、朕が妬み嫌っている人を斬ろう

MENU
TOP>崇峻天皇(日本書紀)>崇峻天皇(十六)いつか、この猪の頸を斬るように、朕が妬み嫌っている人を斬ろう

崇峻天皇(十六)いつか、この猪の頸を斬るように、朕が妬み嫌っている人を斬ろう

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

即位5年冬10月4日。山猪(イノシシ)を献上することがありました。天皇は猪を指差して詔(ミコトノリ)して言いました。
「いつか、この猪の頸(クビ)を斬るように、朕が妬み嫌っている人を斬ろう」
多くの兵仗(ツワモノ=兵器)を準備していて、それが日常よりも異常な量でした。

(10月)10日。蘇我馬子宿禰(ソガノウマコノスクネ)は天皇が詔(ミコトノリ)したことを聞いて、自分を妬み嫌っていることを恐れました。儻者(ヤカラヒト=一族)を招き集めて、天皇を殺そうと謀りました。

この月、大法興寺の仏堂と步廊が立ちました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

性格・能力

肉の献上
神道では肉は穢れていて、食べてはいけないのですが、古事記・日本書紀では「肉の献上」がちょくちょく出てきます。これが「昔は天皇も肉を食べていた」ということなのか、それとも「献上しただけ(食べたとは言ってない)」なのか、「献上するにあたって穢れを無くす儀式があった?」のか。
スポンサードリンク

原文

五年冬十月癸酉朔丙子、有獻山猪、天皇指猪詔曰「何時、如斷此猪之頸斷朕所嫌之人。」多設兵仗、有異於常。壬午、蘇我馬子宿禰、聞天皇所詔、恐嫌於己。招聚儻者、謀弑天皇。是月、起大法興寺佛堂與步廊。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集