石巣比売神

MENU
TOP>用語・神名など>石巣比売神

石巣比売神

漢字・読みイワスヒメノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●砂の女神。
●家宅六神の1柱。
●古事記にしか登場しない。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

石巣比売神(イワスヒメノカミ)はイザナギイザナミが、国産みを終えて、神を産み始めて三番目に産んだ神。砂の神格化とされます。また石土毘古神(イワツチビコノカミ)と明らかに一対になっていて、そういう記述はありませんが、おそらくは兄妹であり夫婦でもあると思われます。古事記にしか登場しない。

家宅六神の1柱。おそらく家を作る上での材料となることから神格化されたのではないかと。
スポンサードリンク

引用

神を生み始める
国を産み終えたので、次に神を生みました。
産んだ神の名前は大事忍男神(オオコトオシオノカミ)。
次は石土毘古神(イワツチビコノカミ)を生みました。
次に石巣比売神(イワスヒメノカミ)を生みました。
次に大戸日別神(オオトヒワケノカミ)を生みました。
次に天之吹男神(アメノフキオノカミ)を生みました。
次に大屋毘古神(オオヤビコノカミ)を生みました。
次に風木津別之忍男神(カザモツワケノオシオノカミ)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集