速秋津日子神

MENU
TOP>用語・神名など>速秋津日子神
スポンサードリンク

速秋津日子神

漢字・読みハヤアキツヒコノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギイザナミが産んだ神の1柱。
水戸神の1柱で、妹の「速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)」とは対になっている。
●妹とともに、4対の水に関する神を生んでいる。

物語・由来

速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)は水戸神という港・河口の神の1柱で、妹で妻の速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)と対になっています。また妹とともに水(川・海)に関する神を生んでいます。
●ここでは古事記の速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)について記述しています。

ハヤアキツは速やかに「明らか」に清らかに流れるという意味だとも言われています。まぁ、ちょっとこじつけっぽいですが。ただ、大祓詞には「穢れを飲み込む神」として「速開津比売(ハヤアキツヒメ)」が挙げられていて「ハヤアキツ」という言葉には、水の流れで穢れを祓うニュアンスがあるのは間違いないと思われます。
日本書紀との違い
日本書紀では速秋津日命(ハヤアキツヒ)と表記されていますが、日本書紀では速秋津日命(ハヤアキツヒ)は性別のハッキリしない名前です。まぁ、この辺りはそもそも速秋津日命(ハヤアキツヒ)という神があって、男には「日子(彦)」、女には「日女(姫・比売)」と分けられたのではないかと個人的に推測。
スポンサードリンク

引用

神を生み始める
次に海の神の大綿津見神(オオワタツミノカミ)を生みました。
次に水戸神(ミナトノカミ=港の神)である速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)を生みました。
次に妹の速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)を生みました。

河口に関する神が産まれる
この速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)と速秋津比売神(ハヤアキツヒメカミ)の二柱の神が、河と海を分けて神を生みました。
まずは沫那芸神(アワナギノカミ)と沫那美神(アワナミノカミ)が産まれました。
次に頬那芸神(ツラナギノカミ)と頬那美神(ツラナミノカミ)が産まれました。
次に天之水分神(アメノミクマリノカミ)と国之水分神(クノミクマリノカミ)が産まれました。
次に天之久比箸母智神(アメノクヒザモチノカミ)と国之久比箸母智神(クノクヒザモチノカミ)が産まれました。
日本書紀の対応箇所
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集