速秋津比売神

MENU
TOP>用語・神名など>速秋津比売神
スポンサードリンク

速秋津比売神

漢字・読みハヤアキツヒメノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギイザナミが産んだ水戸神の1柱。
速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)は兄で夫。速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)と4対の河口に関する神を生んでいる。
●大祓詞(オオハラエノコトバ)には速開津比売(ハヤアキツヒメ)が流された穢れを飲み込んでいるというくだりがある。

物語・由来

速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)はイザナギイザナミが産んだ水戸神の1柱。速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)は兄で夫でもあり、この2柱で4対の河口に関する神を生んでいます。

大祓詞(オオハラエノコトバ)という神社の大祓で宣べられる祝詞には「速開津比売(ハヤアキツヒメ)」は流れてきた穢れを飲み込む、と述べられていて、速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)には「穢れを浄化」する性質があると考えられていたよう。

それはつまり、川や海で禊が行われて、それが薄められるというのではなく、どこかで穢れが処理されると思っていたということです。どこかナウシカの腐海にも似た考えです。
速秋津日命(ハヤアキツヒ)
日本書紀には速秋津日命(ハヤアキツヒ)という神が出てきて、おそらく同一、もしくは同じ性質の神と思われます。
スポンサードリンク

性格・能力

神を生み始める
次に水戸神(ミナトノカミ=港の神)である速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)を生みました。
次に妹の速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)を生みました。

河口に関する神が産まれる
この速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)と速秋津比売神(ハヤアキツヒメカミ)の二柱の神が、河と海を分けて神を生みました。
まずは沫那芸神(アワナギノカミ)と沫那美神(アワナミノカミ)が産まれました。
次に頬那芸神(ツラナギノカミ)と頬那美神(ツラナミノカミ)が産まれました。
次に天之水分神(アメノミクマリノカミ)と国之水分神(クノミクマリノカミ)が産まれました。
次に天之久比箸母智神(アメノクヒザモチノカミ)と国之久比箸母智神(クノクヒザモチノカミ)が産まれました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集