角島灯台

MENU
TOP > 角島灯台

角島灯台

漢字・読みツノシマトウダイ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

住所山口県下関市豊北町大字角島
山口県の有名観光スポット「角島」の灯台。立地上、非常に重要な土地だったハズ。「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計。歴史的に価値があるらしいです。

200円で中を登れて、上から周囲を見ることができるのですが、まぁ、怖い。登る階段も狭く、最後はハシゴのような階段で、足腰が悪い人は登れないかもしんない。
スポンサードリンク

物語・由来


周囲には公園が整備されていて、ダルマギクが自生し、ハマオモトが群生しています。ダルマギクはホームセンターなどで売ってます。ようは「自生していること」がすごいわけです。夢ヶ崎神社(下関市)がある。

駐車場があるんですが、全部有料です。正直な話、「え?」となります。

あと、レストランや自販機などは、ちょっと場違いなくらいにあります。

関連する日記

スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
編集