天之狭霧神(アメノサギリノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>アメノサギリ

アメノサギリ

漢字・読み天之狭霧神
別名天狭霧神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギイザナミの孫。
●古事記にしか登場しない。
クニノサギリ神と対。
●霧の神。
●大国主(オオクニヌシ)の子孫の系譜に登場する。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

天之狭霧神(アメノサギリノカミ)は古事記ではイザナギイザナミの孫にあたる。オオヤマヅミノヅチ神が役割分担して生んだ神の1柱。サギリとは霧のこと。山と野の神が関わって生んだのだから、山の霧のことでしょう。

出雲の大国主(オオクニヌシ)の子孫の系譜に天狭霧神(アマノサギリ神)が登場します。これがイザナギイザナミの孫として生まれた天之狭霧神(アメノサギリノカミ)が「同じ神」かどうかは何とも言えない。

サギリの「サ」は穀物神を指しているのかもしれない。となると、古代の日本人の一部でもしかすると、霧によって山の穀物神がやってきて、里の畑に降りて、穀物を育てるという信仰をしていた、のかもしれない。十分ありうる。
スポンサードリンク

引用

オオヤマヅミの子供たち
大山津見神(オオヤマヅミノカミ)と野椎神(ノヅチノカミ)は山と野の神を分担して生みました。
まずは天之狭土神(アメノサヅチノカミ)と国之狭土神(クニノサヅチノカミ)を生みました。
次に天之狭霧神(アメノサギリノカミ)と国之狭霧神(クニノサギリノカミ)を生みました。
次に天之闇戸神(アメノクラトノカミ)と国之闇戸神(クニノクラトノカミ)を生みました。
次に大戸惑子神(オオトマトヒコノカミ)と大戸惑女神(オオトマトヒメノカミ)を生みました。

鳥鳴海神以下の系譜
この天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)が天狭霧神(アマノサギリ神)の娘の遠津待根神(トオツマチネ神)を娶った産んだ子が遠津山岬多良斯神(トオツヤマサキタラシ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集