国之狭霧神(クニノサギリノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>国之狭霧神(クニノサギリノカミ)

クニノサギリ

漢字・読み国之狭霧神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギイザナミの孫にあたる。
●古事記にしか登場しない。
●天之狭霧神(アメノサギリノカミ)とは対になる。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

国之狭霧神(クニノサギリノカミ)はイザナギイザナミの孫にあたる。古事記にしか登場しません。天之狭霧神(アメノサギリノカミ)とは対になっています。

サギリは霧のこと。サギリの「サ」は「穀物神」の事を指しているかどうかは何とも言えない。ちなみに「早苗」「早乙女」の「サ」は穀物神。仮に「サ」が穀物神としたら、古代の人の信仰の中に「穀物神は霧に乗ってやってくる」という感覚があったということになる。

山の穀物神が、春にかかる霞(カスミ)によって里の畑に宿って、穀物に成る。そういう伝承は聞いたことがないけど、もしかしたらあったのかもしれない。
スポンサードリンク

引用

オオヤマヅミの子供たち
大山津見神(オオヤマヅミノカミ)と野椎神(ノヅチノカミ)は山と野の神を分担して生みました。
まずは天之狭土神(アメノサヅチノカミ)と国之狭土神(クニノサヅチノカミ)を生みました。
次に天之狭霧神(アメノサギリノカミ)と国之狭霧神(クニノサギリノカミ)を生みました。
次に天之闇戸神(アメノクラトノカミ)と国之闇戸神(クニノクラトノカミ)を生みました。
次に大戸惑子神(オオトマトヒコノカミ)と大戸惑女神(オオトマトヒメノカミ)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集