火之炫毘古神(ヒノカガビコノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>ヒノカガビコ
スポンサードリンク

ヒノカガビコ

漢字・読み火之炫毘古神
別名火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)・火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)・軻遇突智(カグツチ)・火産霊(ホムスビ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●火の灯りを象徴する神だと思われます。
イザナギイザナミの子。
●火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)の別名の一つ。ちなみに火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ) も火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)の別名の一つ。
●この名前は古事記にしか登場しない。

物語・由来

火之炫毘古神(ヒノカガビコノカミ)はイザナギイザナミが生んだ火の神の火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)の別名の一つ。火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ) も火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)の別名の一つ。
名前について
火之炫毘古神は「火の」「かがり火」の「子」の神で、「火」を灯りとして捉えた名前だと思われます。

火には複数の意味合いがあります。灯りだったり、煮炊きする火だったり、金属製品を作るものだったり、焼畑農業に必要だったり。そのうち、「灯り」について捉えたものが火之炫毘古神(ヒノカガビコノカミだと。
スポンサードリンク

性格・能力

次に生める神の名は
次に火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)を生みました。
別名を火之炫毘古神(ヒノカガビコノカミ)、
別名を火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)
といいます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集