クラミツハ(クラミズハ・闇罔象・闇御津羽神)

MENU
TOP>用語・神名など>クラミツハ
スポンサードリンク

クラミツハ

漢字・読み闇罔象・闇御津羽神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にも日本書紀にも登場。
●水神であり、龍神。

物語・由来

古事記では闇御津羽神(クラミツハノカミ)、日本書紀では闇罔象(クラミズハ)。古事記でも日本書紀でも、カグツチを切って生まれています。

セットで登場しやすい「クラオカミ」の「オカミ」は龍神を表していて水神。このクラミツハも同様に水神の性質を持っています。ただ「ミツハ」「ミズハ」の語源は「水・早」とも言われていて、水の流れを「龍」に見立てた「クラオカミ」に対して、水そのものを神としているのかも。

神社ではクラオカミと共に祀られていて、祀られている神社そのものが少ない。
スポンサードリンク

性格・能力

刀(剣)から生まれた神
次に剣の柄(持つところ)に溜まった血が、指の間から流れ落ちて生まれた神が
闇淤加美神(クラオカミノカミ)。
次に闇御津羽神(クラミツハノカミ)が生まれました。

第五段一書(六)-1冥土めぐり
次に剣の柄から血がしたたり、神となりました。名前を闇龗(クラオカミ)といいます。次に闇山祇(クラヤマズミ)が生まれました。次に闇罔象(クラミズハ)が生まれました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集