マサカヤマツミ(正鹿山津見神・正勝山祇・マサカヤマヅミ)

MENU
TOP>用語・神名など>マサカヤマツミ
スポンサードリンク

マサカヤマツミ

漢字・読み正鹿山津見神・正勝山祇
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
カグツチの死体から成った神。
●山の神。
カグツチは火山の象徴。
●古事記ではカグツチの死体の頭から、日本書紀では腰から生まれた。どちらも人体にとって大事な部分。

物語・由来

マサカヤマツミはイザナギに殺されたカグツチから生まれた神の1柱。古事記では正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)で、日本書紀では正勝山祇(マサカヤマヅミ)。古事記ではカグツチの頭から生まれたのに対して、日本書紀では腰から生まれている。生まれたというよりは古事記では「成る」、日本書紀では「化」という字が当てられているのだから、「腰が神に成った」というべきかと。オギャーと生まれたのではなく、カグツチの死体がウネウネと形を成して「神」となったわけです。

カグツチは火の神ですが、ここは「火山」という意味でしょう。火山が噴火して、冷え固まった結果、様々な山の神が生まれたというわけです。
スポンサードリンク

性格・能力

火の神の死体から産まれた神
殺された迦具土神(カグツチノカミ)の頭から生まれた神は
正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)
次に胸から生まれた神は淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)。
次に腹から生まれた神は奥山津見神(オクヤマツミノカミ)。
次に陰部から産まれた神は闇山津見神(クラヤマツミノカミ)。
次に左手から産まれた神は志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)。
次に右手から産まれた神は羽山津見神(ハヤマツミノカミ)。
次に左足から生まれた神は原山津見神(ハラヤマツミノカミ)。
次に右足から産まれた神は戸山津見神(トヤマツミノカミ)。

第五段一書(八)山の神が生まれ火が生まれる
第五段一書(八)
ある書によると……
イザナギはカグツチを五段に斬りました。この五つがそれぞれ五柱の山祇(山の神)になりました。

まず首は大山祇(オオヤマズミ)となりました。
次に体は中山祇(ナカヤマズミ)となりました。
次に手が麓山祇(ハヤマヤマズミ?)となりました。
次に腰が正勝山祇(マサカヤマズミ)となりました。
次に足が䨄山祇(シギヤマズミ)となりました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集