新羅の書を奈末伊弥買が持ってくる

MENU
TOP>推古天皇(日本書紀)>推古天皇(五十一)新羅の書を奈末伊弥買が持ってくる
スポンサードリンク

推古天皇(五十一)新羅の書を奈末伊弥買が持ってくる

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

是歲、新羅遣奈末伊彌買朝貢、仍以表書奏使旨。凡新羅上表、蓋始起于此時歟。

現代語訳

この年(即位29年)に新羅が奈末伊弥買(マナイミバイ)を派遣して朝貢しました。書(フミ)をたてまつって使者の旨(ムネ=主旨)を申し上げました。おそらく新羅が表(フミ)を献上したのは、これが初めてだったか。

解説

新羅が「書」を献上したのが初めてだとすると、それまで「書」を持ってきたことはなかったということになりますね。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集