淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>オドヤマツミ
スポンサードリンク

オドヤマツミ

漢字・読み淤縢山津見神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
カグツチの死体の胸から生まれた山の神。
●古事記に登場するが、日本書紀には登場しない。

物語・由来

淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)はカグツチの死体から生まれた山の神の1柱。古事記にしか登場しません。

神の性質ははっきりしませんが、淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)の淤は「泥」のことで、縢は「カガル」という言葉で、ボタン穴のほつれ糸などを糸でしっかりとからげる意味です。だから淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)は「泥がしっかりと固まる」「山の神」という意味ではないかと推測。
スポンサードリンク

引用

火の神の死体から産まれた神
殺された迦具土神(カグツチノカミ)の頭から生まれた神は
正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)。
次に胸から生まれた神は淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)
次に腹から生まれた神は奥山津見神(オクヤマツミノカミ)。
次に陰部から産まれた神は闇山津見神(クラヤマツミノカミ)。
次に左手から産まれた神は志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)。
次に右手から産まれた神は羽山津見神(ハヤマツミノカミ)。
次に左足から生まれた神は原山津見神(ハラヤマツミノカミ)。
次に右足から産まれた神は戸山津見神(トヤマツミノカミ)。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集