闇山津見神(クラヤマツミノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>クラヤマツミ
スポンサードリンク

クラヤマツミ

漢字・読み闇山津見神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
カグツチの死体の陰部から生まれた山の神。

物語・由来

闇山津見神(クラヤマツミノカミ)はカグツチの死体の陰部から生まれ山の神。古事記にしか登場せず、日本書紀には対応する神がいません。
カグツチの女神?
ところで古事記には「カグツチの影」から成ったと書いてありまして、これが陰部なのですが、これから闇山津見神(クラヤマツミノカミ)という神が生まれるというと、カグツチは「女性」なんじゃないかと思うんですよね。

カグツチは火の神です。ここでは火の神でも「火山」を表しています。日本では山の神は「女神」というケースが多いことと、日本神話では出産に火が関わっていることが多いことを考えると、カグツチは「女神」というのは十分あり得る話です。
スポンサードリンク

引用

火の神の死体から産まれた神
殺された迦具土神(カグツチノカミ)の頭から生まれた神は
正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)。
次に胸から生まれた神は淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)。
次に腹から生まれた神は奥山津見神(オクヤマツミノカミ)。
次に陰部から産まれた神は闇山津見神(クラヤマツミノカミ)
次に左手から産まれた神は志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)。
次に右手から産まれた神は羽山津見神(ハヤマツミノカミ)。
次に左足から生まれた神は原山津見神(ハラヤマツミノカミ)。
次に右足から産まれた神は戸山津見神(トヤマツミノカミ)。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集