舒明天皇(八)泊瀬仲王の仲介

MENU
TOP>舒明天皇(日本書紀)>舒明天皇(八)泊瀬仲王の仲介

舒明天皇(八)泊瀬仲王の仲介

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

泊瀬仲王(ハツセノナカノミコ=山背大兄王の異母兄弟)は中臣連(ナカトミノムラジ)・河辺臣(カワヘノオミ)を呼び寄せて語って言いました。
「私ら親子は、蘇我の出身だ。これは天下の知っているところだ。これを高山のように、祈り、頼りにしている。請い願う。嗣位(ヒツギノクライ=天皇の後継)のことはたやすく言わないでくれ」

すぐに三国王(ミクニノオオキミ)・桜井臣(サクライノオミ)に命令して、群卿(マヘツキミタチ=臣下たち)に添えて派遣して言いました。
「還言(カエリゴト=返事)を聞こうと思う」
その時、大臣(=蘇我蝦夷)は、紀臣(キノオミ)・大伴連(オオトモノムラジ)を派遣して、三国王・桜井臣に語って言いました。
「前の日に言い終わったこと。変わることは無い。しかし私めが、どこの王を軽んじて、どこの王を重んじたというのか」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

山背大兄王もその異母兄弟である泊瀬王も、当然、蘇我出身の人間です。彼らも、そこのところは分かっていて、「蘇我なんだからさー」と懐柔しようとしますが、全然うまくいかない。

もしかするとこれは単純に蘇我内部の権力争いなのかもしれません。というのも、この時代には1氏に1人が代表として大和朝廷に参加するのがルールだったからです。山背大兄王が「蘇我代表は蝦夷以外で」とすれば、蘇我蝦夷は中央から追い出されてしまう。そういう恐怖があったのかもしれません。
スポンサードリンク

原文

既而泊瀬仲王、別喚中臣連・河邊臣謂之曰「我等父子並自蘇我出之、天下所知。是以、如高山恃之。願嗣位勿輙言。」則令三国王・櫻井臣副群卿而遣之曰「欲聞還言。」時、大臣、遣紀臣・大伴連、謂三国王・櫻井臣曰「先日言訖、更無異矣。然、臣敢之輕誰王也重誰王也。」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集