舒明天皇(十二)摩理勢臣の慟哭

MENU
TOP>舒明天皇(日本書紀)>舒明天皇(十二)摩理勢臣の慟哭
スポンサードリンク

舒明天皇(十二)摩理勢臣の慟哭

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

是時、大夫等、且誨摩理勢臣之曰、不可違大兄王之命。於是、摩理勢臣、進無所歸、乃泣哭更還之居於家十餘日、泊瀬王忽發病薨。爰摩理勢臣曰、我生之誰恃矣。

現代語訳

この時、大夫等(マヘツキミタチ=臣下たち)は摩理勢臣(マリセノオオミ)に教えさとして言いました。
「大兄王(オオエノミコ=山背大兄王)の命令に逆らうべきではありません」
摩理勢臣は頼りにして帰るところがありませんでした。それで慟哭し泣き、さらに自宅に帰り、家に居ること十数日。泊瀬王はあっという間に病気になって亡くなりました。それで摩理勢臣は言いました。
「私は生きているが、誰を頼りにし仕えれば良いのか」
スポンサードリンク

解説

摩理勢臣は頼りにしていた泊瀬王・山背大兄王という聖徳太子の子供たちに実質的に見捨てられ、自宅に帰り泣いていました。そして次のページで大臣であり蘇我蝦夷に殺されてしまいます。

何度も書くようですが摩理勢臣は蘇我蝦夷から見ると叔父。父親の兄弟です。それをここまで追い詰めるのは権力闘争以外の何物でもないでしょう。ということは、蘇我氏の権力はかなり強いものだったということです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集