和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>ワヅラヒノウシノカミ
スポンサードリンク

ワヅラヒノウシノカミ

漢字・読み和豆良比能宇斯能神・煩神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギが禊をするために裸になった際に、その衣服から生まれた神が和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)。
●古事記では和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)。日本書紀では煩神(ワズライ神)。
●服が身体にまとわりついて「煩わしい」ことが名前の由来。

物語・由来

和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)はイザナギ黄泉の国から帰ってきて、禊(ミソギ)をするために衣服を脱いだ時に生まれた神。古事記では和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)。日本書紀では煩神(ワズライ神)と表記されます。日本書紀でも古事記でも「衣」から生まれた神です。

服がまとわりついて「煩わしい」ことが元だと思われます。

古代の日本では穢れを恐れていました。ここでの穢れは死の穢れや、疫病の穢れです。この穢れを集落に持ち込むと、その穢れが伝染して集落が全滅するかもしれません。そこで外部にから入ってくる穢れには細心の注意を払っていました。

だから旅人や外部から集落に入る前に衣服から穢れを祓ったのでしょう。この和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)を信仰していた地域では穢れは服にへばりついてやってくると考えていたはずです。

イザナギが禊をする前に杖や袋やアクセサリーや衣服を脱いだことで、そこから神が生まれたのは、そういう穢れを祓う儀式を神格化したものだと思われます。
●ウシは「大人」と本来は書く。大人は男性のこと。その中でも「死んだ男」とも。脱ぎ捨てた衣服とは「死んだ」という意味があるのかもしれない。ちなみに「大人」に対応する「女」が「刀自」。
スポンサードリンク

性格・能力

衣服から産まれた神々
投げ捨てた袋から成ったのは時量師神(トキハカシノカミ)です。
投げ捨てた衣から成ったのは和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノカミ)です。
投げ捨てた袴から成ったのは道俣神(チマタノカミ)です。

第五段一書(六)-3 千人殺し、千五百人生ませる
衣を投げました。
この衣が煩神(ワズライ)となりました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集