奥津那芸左毘古神(オキツナギサビコノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>オキツナギサビコノカミ
スポンサードリンク

オキツナギサビコノカミ

漢字・読み奥津那芸左毘古神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
イザナギ黄泉の国から帰ってきて左の腕輪を外した時に生まれた神の1柱。
●水関係の神と思われる。

物語・由来

奥津那芸左毘古神(オキツナギサビコノカミ)はイザナギ黄泉の国から帰って来て、左の腕輪を外した時に生まれた神の1柱。引用を見ればわかりますが、左右の腕輪を外して生まれた神は、「奥」と「辺」で一対になっていた、左右共に「ザカル」「ナギサビコ」「カイベラ」の三柱でセットになっていて、2×3で6柱。

奥津那芸左毘古神(オキツナギサビコノカミ)は名前から考えると、奥の渚の神で、海関係の神だろうとは思われます。多分ね。

個人的には、ザカルが河口、ナギサビコが砂浜、カイベラは砂浜の端の岩場じゃないかと。それが手前と奥の両方にあるというのがイメージです。ここを「穢れ」と「禊」の物語の中で特別視したのは、海運貿易が古代の日本で盛んだったからでしょう。集落には船を通じて疫病が入ってくる。その元々はこの「河口」を登って船がやってくるから、と考えた結果じゃないかと。
スポンサードリンク

引用

衣服から産まれた神々
投げ捨てた左の腕輪から成ったのは奥疎神(オキザカルノカミ)です。
次に奥津那芸左毘古神(オキツナギサビコノカミ)です。
次に奥津甲斐弁羅神(オキツカヒベラノカミ)です。
投げ捨てた右の腕輪から成ったのは辺疎神(ヘザカルノカミ)です。
次に辺津那芸左毘古神(ヘツナギサビコノカミ)です。
次に辺津甲斐弁羅神(ヘツカヒベラノカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集