大御神(オオミカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>大御神
スポンサードリンク

大御神

漢字・読みオオミカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●大御神と言うのは、二重に褒め称えた特別な名前。
●大御神と讃えられるのは、天照大御神(アマテラスオオミカミ)・伊邪那岐大御神(イザナギノオオミカミ)・迦毛大御神(カモノオオミカミ)のみ。
アマテラスは生まれた瞬間から「大御神」と評されているのに対して、アマテラスの親であるイザナギが初めて「大御神」と評されるのは、スサノオとの対話から。つまり初出から大御神と言われていない。
●迦毛大御神(カモノオオミカミ)はアジスキタカヒコネ神のこと。この神が「大御神」と評される理由はよく分からない。
スポンサードリンク

物語・由来

オオというのが英語で言うところの「Great」みたいなもので、ミも同様。本来は「大神」でいいところを、わざわざ二重に褒めちぎるということは、特別扱いということです。「大御神」という表現は古事記にしか見当たらず、日本書紀では「大神」というのが近い意味を持っています。まぁ、だからこそ「大御神」という書き方は非常に特殊です。

調べると大御神という表現は以下の3柱しかなく、大御神と書かれるのは圧倒的に「アマテラス」です。アマテラスはイザナギの禊(ミソギ)によって生まれたのですから、順序でいうとイザナギの方が偉いはずなんですが、「大御神」という表現は、「天照大御神」の方が「伊邪那岐大御神」よりも早く出てきます。

細く描くとアマテラスは、生まれた瞬間から天照大御神なんです。
三貴神の誕生
イザナギが左の目を洗って成った神は天照大御神(アマテラスオオミカミ)。

ではアマテラスを生んだイザナギが大御神と呼ばれるのはいつかというと
荒ぶる速須佐之男命は母恋しく
そこで伊邪那岐大御神(イザナギノオオミカミ)が速須佐之男命(ハヤスサノオミコト)に尋ねました。
「なぜ、お前は国を治めずに泣いているのだ?」

というスサノオが駄々をこねた時が初めてなんです。ご存じの通りイザナギは日本列島を生んだ創世の神の1柱です。そのイザナギを「大御神」と評するのが、アマテラス・スサノオが生まれた後なわけです。ということは、イザナギが立派なのは「創世の神だからではなくアマテラスの親だから!」 と考えてもいいのではないかと。

そう考えると迦毛大御神(カモノオオミカミ)の異質さが目立ちます。迦毛大御神(カモノオオミカミ)はオオクニヌシの子の阿遅鋤高日子根神(アジスキタカヒコネ神)の異名です。迦毛大御神(カモノオオミカミ)はアマテラスとの関係は薄く、どうしてこの神を特別視したのかはよく分かりません(ま、本当に特別視したのかも分かんないけど)。
スポンサードリンク

大御神とつく神の一覧

天照大御神(アマテラスオオミカミ)

伊邪那岐大御神(イザナギノオオミカミ)

迦毛大御神(カモノオオミカミ)
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集