多岐都比売命(タキツヒメノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>タキツヒメ
スポンサードリンク

タキツヒメ

漢字・読み多岐都比売命
別名湍津姫(タギツヒメ)・湍津姫命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
スサノオアマテラス誓約で生まれた神。
●古事記では多岐都比売命(タキツヒメノミコト)。
日本書紀では湍津姫命(タギツヒメ)。
●他の宗像の女神と違って異名などがない。
●古事記・日本書紀を通じて出生は2番か3番。

物語・由来

多岐都比売命(タキツヒメノミコト)は古事記でスサノオアマテラス誓約(ウケイ)で生まれた神の1柱。宗像三女神の1柱。宗像大社の中津宮で祀られる湍津姫神と同一神と思われます。

また日本書紀では湍津姫命(タギツヒメ)と書かれています。

同じ宗像三女神イチキシマヒメが「オキツシマヒメ」と混同したり、同じく宗像三女神タキリヒメが「オキツシマヒメ」の別名を持っていたり、しているのに対して、多岐都比売命(タキツヒメノミコト=湍津姫命(タギツヒメ))は異名もなく、順番も古事記・日本書紀を通じて「2番か3番」で、安定している。

そう考えると異名がないというのは、特別視されていない証拠なんだろうなと痛感しますね。
スポンサードリンク

引用

宗像三女神の誕生
その息吹から生まれた神の名は
多紀理毘売命(タキリヒメノミコト)。別名は奥津嶋比売命(オキツシマヒメノミコト)です。
次が市寸嶋比売命(イチキシマヒメオミコト)。別名は狭依毘売命(サヨリビメノミコト)。
次が多岐都比売命(タキツヒメノミコト)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集