穢れから産まれた神

MENU
TOP>創世編>穢れから産まれた神
スポンサードリンク

穢れから産まれた神

漢字・読みケガレカラウマレタカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

是に詔りたまひけらく、「上つ瀬は瀬速し。下つ瀬は瀬弱し。」とのりたまひて、初めて中つ瀬に堕り迦豆伎て滌ぎたまふ時、成り坐せる神の名は、八十禍津日神。次に大禍津日神。此の二神は、其の穢繁国に到りし時の汚垢に因りて成れる神なり。

現代語訳

イザナギは言いました。

「上の瀬(水面に近い方)は流れが速い。
下の瀬(水底の方)は流れが遅い」

そう言って、中段にもぐって禊をしました。
すると八十禍津日神(ヤソマガツヒノカミ)が成りました。
次に大禍津日神(オオマガツヒノカミ)が成りました。

この二柱は穢繁国(キタナキシキクニ=黄泉の国のこと)へ行ったときにイザナギに付いた汚垢(=穢れ)から生まれた神です。
スポンサードリンク

解説

ヤソマガツヒ神とオオマガツヒ神はケガレそのものです。この後に生まれる住吉三神は清められたときに生まれた神です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集