手名椎・手摩乳(テナヅチ)

MENU
TOP>用語・神名など>テナヅチ
スポンサードリンク

テナヅチ

漢字・読み手名椎・手摩乳
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記では手名椎。
日本書紀では手摩乳(テナヅチ)など。
アシナヅチの妻。

物語・由来

高天原から追い出されたスサノオが出雲に降臨した時に、ヤマタノオロチによって困っている人物に出会いました。古事記ではその人物が「アシナヅチ」と「テナヅチ」です。

テナヅチはアシナヅチの妻というのが多くある設定ですが、日本書紀では「脚摩手摩(アシナヅテナヅ)」で1柱だったり、「足名椎手名椎神(アシナヅチテナヅチノカミ)」で1柱です。
日本書紀の中には
脚摩手摩(アシナヅテナヅ)といいます。
その妻の名前は稻田宮主簀狹之八箇耳(イナダノミヤヌシスサノヤツミミ)

という記述があるので、テナヅチはアシナヅチに吸収されています。これが、もともとは「アシナヅチ&テナヅチ」だったものが「アシナヅテナヅ」に合体したのか、それとも「アシナヅテナヅ」が「アシナヅチ&テナヅチ」に分離したのか?? まーー合体したんでしょうね。
ツチというのが神の名前に良くあるフレーズなんで、「アシナヅテナヅ」と略することは有り得ない。古事記にも「足名椎手名椎神(アシナヅチテナヅチノカミ)」という記述がるので徐々に夫婦で1柱になったんでしょうね。
スポンサードリンク

引用

テナヅチ・アシナヅチ
「わたしらは国津神の大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の子で、
わたしは足名椎(アシナヅチ)といいます。
妻の名前は手名椎(テナヅチ)といいます。
娘の名前は櫛名田比売(クシナダヒメ)といいます」

大蛇退治の妙案
足名椎手名椎神(アシナヅチテナヅチノカミ)は
「それならば、恐れ多くも、娘を献上しましょう」
と言いました。

第八段本文-1あなたたちの娘をわたしに差し出しなさい
「わたしはここの国津神の脚摩乳(アシナヅチ)といいます。わたしの妻は手摩乳(テナヅチ)といいます。この少女はわたしたちの子供で、奇稻田姫(クシイナダヒメ)といいます。

第八段一書(二)安芸国の可愛川での大蛇との戦い
そこに神が居ました。
神の名前は脚摩手摩(アシナヅテナヅ)といいます。
その妻の名前は稻田宮主簀狹之八箇耳(イナダノミヤヌシスサノヤツミミ)といいます。

この神は妊娠していました。

第八段一書(三)大蛇の頭には石や松があり、両脇には山があり
第八段一書(三)
ある書によると…
スサノオは奇稻田媛(クシイナダヒメ)を妻にしようと思って頼み込みました。
すると脚摩乳(アシナヅチ)・手摩乳(テナヅチ)は答えました。
「お願いですから、まず、あの大蛇を殺してください。それから嫁にしてください。
大蛇の頭には石や松があり、両脇には山があり、とても恐ろしい力があります。どうやって殺すのですか?」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集