八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>ヤシマジヌミ
スポンサードリンク

ヤシマジヌミ

漢字・読み八島士奴美神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
スサノオと櫛名田比売(クシナダヒメ)の子。
●大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘の木花知流比売(コノハナチルヒメ)を娶る。
●布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)が子。
●古事記にしか登場しない。

物語・由来

八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)は古事記でスサノオが櫛名田比売(クシナダヒメ)を娶って産んだ子。八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)は大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘の木花知流比売(コノハナチルヒメ)を娶って、布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)という子を産んでいます。

これからも世代は続きます。古事記にはその系譜が書かれているのですが、日本書紀では省力されていて、この系譜の5世孫とか6世孫がオオクニヌシ(大国主)と書かれています。

古事記にしか登場しません。

日本書紀では省略されていますが、省略されているだけだと思います。日本書紀は古事記で三分の一を占める出雲神話をどー考えても簡略化しています。この辺りは、古事記と日本書紀では神話の系統が違うか、編纂の意図が違うかなんでしょうね。
スポンサードリンク

引用

須賀の宮の子供達
スサノオが櫛名田比売(クシナダヒメ)と交わって生んだ神様の名前は八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)といいます。

八島士奴美神の系譜
兄の八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)は大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘の木花知流比売(コノハナチルヒメ)を娶って産んだ子が、布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集