淤迦美神(オカミノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>オカミノカミ
スポンサードリンク

オカミノカミ

漢字・読み淤迦美神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●水神であり、龍神でもある。
スサノオの孫にあたる布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌ神)の妻である日河比売(ヒカワヒメ)の母。
オオクニヌシの子孫の甕主日子神(ミカヌシヒコ神)の妻の比那良志毘売(ヒナラシヒメ)の親として登場
Pre<<<  >>>Next 

物語・由来

淤迦美神(オカミノカミ)は水神で龍神の神様のこと。この淤迦美神(オカミノカミ)の中に「高龗神(タカオカミ)」「闇淤加美神(クラオカミノカミ)」という種類があるという感じです。

例えば、クワガタが「オカミノカミ」ならば、オオクワガタやヒラタクワガタが「タカオカミクラオカミ」といった感じで、オカミノカミはザックリとした総称という側面もあります。

オカミノカミが元ネタで、「タカオカミクラオカミ」はそこから派生したと考えた方が自然。つまりオカミノカミの方が歴史が古いと考えた方がいいんじゃないかと。
古事記に登場
カミノカミの娘として日河比売(ヒカワヒメ)というのが登場します。ヒカワは島根県の斐伊川のこと。水神であるオカミノカミの娘が斐伊川というのは、とっても自然。

その後は、オオクニヌシの子孫である甕主日子神(ミカヌシヒコ神)に嫁いだ比那良志毘売(ヒナラシヒメ)の親としても名前が出ています。

引用

布波能母遅久奴須奴神の子孫
この神(フハノモヂクヌスヌ神=スサノオの孫)は淤迦美神(オカミノカミ)の娘、日河比売(ヒカワヒメ)を娶って生んだ子は深淵之水夜礼花神(フカフチノミヅヤレハナノカミ)です。

鳥鳴海神以下の系譜
この甕主日子神(ミカヌシヒコ神)が淤迦美神(オカミノカミ)の娘の比那良志毘売(ヒナラシヒメ)を娶った生んだ子が多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集