深淵之水夜礼花神(フカフチノミヅヤレハナノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>フカフチノミヅヤレハナ
スポンサードリンク

フカフチノミヅヤレハナ

漢字・読み深淵之水夜礼花神
別名フカフチノミズヤレハナノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
スサノオのひ孫で、オオクニヌシの曽祖父。
●正体は不明。
●古事記にしか登場しない。

物語・由来

深淵之水夜礼花神(フカフチノミヅヤレハナノカミ)は古事記ではスサノオのひ孫に当たる神。また大国主(オオクニヌシ)の曽祖父に当たる神です。
父は布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌ)で、母は日河比売(ヒカハヒメ)。天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネ神)と結婚して、淤美豆奴神(オミヅヌ神)を設けています。

ちなみにオミヅヌ神は出雲神話で出雲建国の神である八束水臣津奴野命(ヤツカミズオミツノノミコト)と同一神と思われます。

名前から考えると、深い淵の水の何かの花の神だから、個人的にはため池のハスの花のような感じかな。ハスとは限らないのですが。
スポンサードリンク

性格・能力

布波能母遅久奴須奴神の子孫
この神(フハノモヂクヌスヌ神=スサノオの孫)は淤迦美神(オカミノカミ)の娘、日河比売(ヒカワヒメ)を娶って生んだ子は深淵之水夜礼花神(フカフチノミヅヤレハナノカミ)です。

この神(フカフチノミヅヤレハナ神)は天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)を娶った生んだ子は淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集