天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>アメノツドヘチネ
スポンサードリンク

アメノツドヘチネ

漢字・読み天之都度閇知泥神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●深淵之水夜礼花神(フカフチノミヅヤレハナノカミ)の妻。
オオクニヌシの曽祖母にあたります。
●正体は不明。
●古事記にしか登場しない。

物語・由来

天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)はスサノオのひ孫に当たる深淵之水夜礼花神(フカフチノミヅヤレハナノカミ)の妻であり、その子が淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)。
系譜から考えると大国主(オオクニヌシ)のひい婆ちゃんになります。

どういった神なのかは不明。
古事記にしか登場しない。
個人的に推測
高天原の神もアマテラスの子が、オオヤマヅミの娘のコノハナサクヤヒメと結ばれ、その子が海神の娘と結ばれ、神武天皇へとつながります。つまり皇統というのは、有力な山と海の要素を取り入れることで「神武天皇」という完成品を作ったわけです。

出雲の血統も同じです。スサノオの子にオオヤマヅミの娘のコノハナチルヒメと結ばれ、次に水神・龍神のオカミノカミの娘で、斐伊川の化身であるヒカワヒメと結ばれました。次に結ばれたのが、この天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)です。
具体的に何を神格化したものか、までは何とも言えませんが、山・川と来たら次は土・泥・大地・地面みたいなものかな、とも思いますが、わかんないですね。
スポンサードリンク

引用

布波能母遅久奴須奴神の子孫
この神(フカフチノミヅヤレハナ神)は天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)を娶った生んだ子は淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集