布怒豆怒(フノヅノノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>フノヅノ
スポンサードリンク

フノヅノ

漢字・読み布怒豆怒
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●布帝耳神(フテミミノカミ)の親。
●古事記にしか登場しない。登場は一回だけ。
●正体不明。

物語・由来

布怒豆怒(フノヅノノカミ)は、布帝耳神(フテミミノカミ)の親。布帝耳神(フテミミノカミ)はスサノオの子孫である淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)の妻。性別は不明。古事記の系譜でいうと、大国主(オオクニヌシ)の曽祖父か曽祖母にあたる。
古事記にしか登場しない。
名前から考える
布怒豆怒(フノヅノノカミ)の娘が布帝耳神(フテミミノカミ)です。ミミというのは「首長」を表す言葉ですから、ヅノも似た様な意味じゃないかと思います。娘の夫にあたる淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)の「ヅヌ」と、「ヅノ」は同じ意味の言葉ではないかと。ただし、ヅノ・ヅヌがどういう意味かは分からない。
布怒豆怒(フノヅノノカミ)の娘婿が「天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)」で、親子の名前に「布」という文字が入っていることを考えると「衣服」関係の神なのかもしれない。

例えばアマテラスの息子のアメノオシホミミ高木神の娘のタクハタチヂヒメが嫁いでいます。タクハタチヂヒメは「機織り」の神格化です。布は古代においてはとても大事なものでした。衣服によって地位を表現していたからです。良い布を作れることは、高い地位を表現するには絶対必要で、布は権威の象徴でした。だから権力者は良い布を作る氏族を優遇したはずです。その影響なのかもしれません。

ま、この神様はよくわかんない神様です。
スポンサードリンク

引用

布波能母遅久奴須奴神の子孫
この神(オミヅヌ神)が布怒豆怒(フノヅノノカミ)の娘の布帝耳神(フテミミノカミ)を娶って産んだ子が天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集