布帝耳神(フテミミノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>フテミミ
スポンサードリンク

フテミミ

漢字・読み布帝耳神
別名フトミミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない神。
●正体不明の神。
●系譜でいうと大国主の祖母にあたる。

物語・由来

布帝耳神(フテミミノカミ)は
布怒豆怒(フノヅノノカミ)の娘で
淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)の妻。
天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)の母親であり、
系譜で考えると大国主(オオクニヌシ)の祖母。
フテミミ
フテミミをフトミミと読むと、新羅の王子の天日槍(アメノヒボコ)の嫁の親として登場していますが、果たして同一と考えていいのかは疑問。

フテミミのミミは首長を表す言葉で、フトはまー・・・フトダマフトマニというように、「霊的な」という意味かなぁとも思いますが、親の布怒豆怒(フノヅノノカミ)と「布」という字が共通していて、なおかつ子供が天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)ですから、布や衣服関係の神かもしれないな、とも思います。
ハッキリとは分からない正体不明の神です。
スポンサードリンク

引用

この神(オミヅヌ神)が布怒豆怒(フノヅノノカミ)の娘の布帝耳神(フテミミノカミ)を娶って産んだ子が天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集